7月 24, 2021 14:31 Asia/Tokyo

日本が発送した新型コロナウイルス予防ワクチンの貨物の第1便が、イランに到着しました。

イルナー通信によりますと、108万7570回分のワクチンを梱包した日本発の貨物の第1便は、国連を通じて23日金曜、イラン保健医療教育省に引き渡されています。

日本は、合計で約300万回分のワクチンをイランに提供する予定です。

これは、新型コロナウイルスワクチンを共同購入し途上国などに分配する国際的な枠組み・COVAXの下で提供され、日本から世界中の国々に提供されたワクチン1100万回分の一部です。

なお、駐テヘラン日本大使館の発表によりますと、日本はこれまでに国際機関を通じて、イランの職員と医療センターに3400万ドル相当分以上の技術機器を提供してきたということです。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ