7月 24, 2021 17:28 Asia/Tokyo

2020東京五輪の射撃男子エアピストル決勝で、イランのジャヴァード・フォルーギー選手が、イラン選手団として今大会初のメダルを獲得しました。

東京五輪・射撃男子エアピストルは24日土曜、決勝が行われ、フォルーギー選手が優勝を果たしました。

ファルギー選手が今回獲得した金メダルは、今大会でのイラン選手団の初のメダルとなっています。

なお、男子エアピストル決勝にはイランのほか、インド、中国、ドイツ、ウクライナ、韓国、セルビアの代表も参加し、セルビアのダミル・ミケッツ選手がが2位、中国の龐 偉.選手は3位となっています。

2020東京五輪の射撃エアピストル及びエアライフル部には、イランから6人の選手が出場しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ