7月 26, 2021 16:32 Asia/Tokyo

ビオパークは、イランの山村に住む人々や遊牧民をテーマにした国内最大のテーマパークで、彼らの生活を紹介することを目的に北東部ホラーサーン・ラザヴィー州のマシュハドに建設されました。

ビオパークは遊牧民や山村住民の文化を再現した、自然の要素であふれた村々や、ホラーサーン・ラザヴィー州の遊牧民の文化である、スィヤー・チャードルと呼ばれる山羊の毛を使ったテントにより、訪れる人たちに美しい空間を提供しています。

このテーマパークでは、ホラーサーン地方の伝統音楽、遊牧民の習慣や手工芸の紹介が展示されています。遊牧民の作る様々な工芸品や生活スタイルは、イランの観光産業の発展において高い可能性を秘めています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ