7月 31, 2021 14:38 Asia/Tokyo
  • イランの貿易
    イランの貿易

イラン税関総長は、イランの貿易量が増加したことを発表しました。

イルナー通信によりますと、イラン税関のミールアシュラフィー総長は、イラン暦今年の最初の4カ月(西暦2021年3月21日から7月22日まで)の貿易量増加について、「この期間中に、重量ベースで5080万トン、金額ベースで290億ドルがイランと諸外国の間で取引された」と述べました。

ミールアシュラフィー総長は、「昨年の同時期と比較すると、重量で21パーセント、金額で47パーセントの増加が見られる」と述べました。

また、「対外貿易に占めるイランの非石油製品の輸出量は3830万トン・143億ドルで、昨年同時期との比較で、重量で27パーセント、金額で65パーセント増加した」と述べました。

同総長は、イランからの輸出先として多い順に中国、イラク、UAE・アラブ首長国連邦、トルコ、アフガニスタンを挙げました。

また、イラン暦今年の最初の4カ月の輸入量については、「1250万トン・145億ドル相当が輸入された。昨年同時期に比べ重量で5パーセント、金額で32パーセント増加した」と述べました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ