8月 01, 2021 14:01 Asia/Tokyo

イラン海軍艦隊が、ロシア・サンクトペテルブルグでの任務を終えて、帰国の途につきました。

IRIB通信によりますと、駆逐艦「サハンド」および最大級後援艦「マクラーン」は、バルト海およびフィンランド湾での任務を終えた後の31日土曜、ロシア政府と同国海軍の関係者らの公式の見送りを受けながら、サンクトペテルブルグ港を離れてイラン・バンダルアッバースへ向けて出航しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ