8月 04, 2021 14:16 Asia/Tokyo

東京五輪レスリング男子グレコローマン97キロ級で、イランのモハンマドハーディー・サーラヴィー選手が、銅メダルに輝きました。

サーラヴィー選手は3日火曜、レスリング男子グレコローマン97キロ級で、フィンランドのサボライネン選手と対戦して、見事な戦いぶりで9対2で勝利し、銅メダルを獲得しました。

サーラヴィー選手は1回戦でアルジェリアのブージェムリン選手を9対0で下し、2回戦でもブルガリアのミロフ選手に6対0で勝利して、準決勝に進みました。

準決勝では、アルメニアの世界王者アレクサニャン選手と対戦し、4対1で敗れ、決勝進出は叶いませんでしたが、3位決定戦で勝利し銅メダル獲得を決めました。

レスリング競技ではさらに、同じくイランのモハンマドレザー・ギャラ―イー選手も3日、67キロ級準決勝でグルジアのゾイゼ選手に勝利し、決勝進出を決めました。決勝は4日水曜夜に行われます。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ