9月 28, 2021 15:15 Asia/Tokyo

イラン北西部アルダビール州のシャーフサヴァン族は、国内で3番目に規模の大きい部族とされ、毎年初秋にこのシーズンの移動を開始します。

シャーフサヴァン族は、およそ8万人の総人口を有しており、この部族に属する1万5000家族が、夏営地だったサバラーン地域から250キロ離れた冬営地モガーン地域までを移動する見込みです。

この部族の大移動は10日間かかると見られ、移動期間中は、想定される彼らのあらゆるニーズを見越して、対応が行われます。

 
 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ