10月 12, 2021 13:30 Asia/Tokyo

象嵌細工(ペルシア語でハータムカーリー)とは、木材や銅の表面を小さな三角形のパーツをモザイク状に張り合わせて装飾する手工芸です。

シーラーズは、イラン南部ファールス州の中心都市です。

シーラーズの象嵌細工の歴史は、およそ1000年前にさかのぼります。この街の象嵌細工の品質とオリジナリティには定評があり、他の街の象嵌細工よりも長い歴史があります。

象嵌細工は、三角形のパーツが小さければ小さいほど、そして緻密に隣合わさっていればいるほど、より価値があります。

象嵌細工を形作るパーツ
象嵌細工に使う材料
象嵌細工に使う道具
製作途中の象嵌細工
製作途中の象嵌細工
製作途中の象嵌細工によるティッシュ箱
木材や銅の表面に小さな三角形のパーツをモザイク状に張り合わせる
象嵌細工の品々
象嵌細工による小物入れ

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ