10月 17, 2021 17:15 Asia/Tokyo

ガーリーバーフ・イラン国会議長が、「西アジアでのアメリカの緊張扇動は、今なお続いている」と語りました。

イラン学生イスナー通信によりますと、ガーリーバーフ議長は17日日曜、国会において「西アジア地域は一触即発の状態にあり、地域諸国を内戦に巻き込もうとするいくつもの複雑な計画が進行中だ」と述べています。

また、「地域全体における経済協力の形成や恒久的な平和の確立を阻止するため、地域諸国間の対立の扇動が、米国と同国への従属勢力の優先課題に掲げられている」としました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ