10月 19, 2021 19:45 Asia/Tokyo

16世紀末、イランのサファヴィー朝の首都にエスファハーンが定められ発展した後、建築の黄金時代を迎えました。

エスファハーンでのサファヴィー朝の統治下、同市では貴重な建物が建てられ、チェヘル・ソトゥーン宮殿はこの一つとなっています。アッバース1世の治世中、この宮殿の建設が開始されました。

チェヘル・ソトゥーン宮殿
エスファハーンでのサファヴィー朝の統治下、同市では貴重な建物が建てられ、チェヘル・ソトゥーン宮殿はこの一つとなっています。
16世紀末、イランのサファヴィー朝の首都にエスファハーンが定められ発展した後、建築の黄金時代を迎えました。
アッバース1世の治世中、チェヘル・ソトゥーン宮殿の建設が開始されました。
正面からのチェヘル・ソトゥーン宮殿
アッバース1世の治世中、高さ12メートルの部屋があるテラス(クシュク)が庭の真ん中に建てられました。
鏡のホールには20本の柱があり、鏡のホールの南北に2つの大きな部屋があります。
アッバース2世の治世中、宮殿の建設が完了し、中央の建物に大幅な変更が加えられました。
建物は20本の柱で支えられており、柱が庭園の泉水に映り込むことから、40本の柱を意味するチェヘル・ソトゥーン宮殿と呼ばれています。
チェヘル・ソトゥーン宮殿内の壁画
外国からの賓客用の中央ホールには、さまざまな時代の歴史的出来事を描いた絵画があります。
当初、鏡のホールには絵画がありましたが、宮殿の火事後、すすを取り除く際、テラスの天井の一部の装飾に銀の鏡が使用されました。
チェヘル・ソトゥーン宮殿は、2011年にユネスコの世界遺産に登録されました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ