10月 20, 2021 15:27 Asia/Tokyo

伝統的な鍛冶は、金属や小さな鉄をあらゆる形に変形させ、装飾品あるいは実用品を作る芸術ですが、この芸術は昔ほど盛んではありません。

この工芸の匠の1人でカーシャーン出身のモハンマド・ジャーリー・プールさんは、カーシャーン市近郊にある工房にて、この工芸に従事しています。

モハンマド・ジャーリープールさんは、鉄を街中から購入し、腕っぷしがあり器用な手で、それらに再び息吹を吹き込みます。

(字幕);私はこれまで30年間、この伝統的な鍛冶職に従事してきました。(字幕);これは男性用のドアノッカーで、これは女性用の太鼓ドアノッカーです。

これは、ラクダにつける鈴で、こちらは羊用の鈴です。

今日、これらは水タバコ屋や伝統レストランの装飾に使われています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ