10月 23, 2021 01:54 Asia/Tokyo
  • イランでのコロナ予防ワクチン接種
    イランでのコロナ予防ワクチン接種

イラン保健医療教育省は、国内で過去24時間で新たに165人が新型コロナウイルスへの感染により死亡したと発表しました。

イラン保健医療教育省は22日金曜、声明の中で、「これで国内でのコロナ感染による死亡者数は合計12万4928人に達した」と表明しました。

さらに、「過去24時間に1万1064人の新規コロナ感染者が確認され、これにより国内でのコロナ感染者数は合計584万4589人となっている」としています。

また、同省の声明によりますと、これまでにイラン全国で538万8496人がコロナ感染症から回復、あるいは入院先から退院しています。

加えて、「これまで、全国で5037万3488人がコロナ予防ワクチンの1回分を接種し、2829万1777人が2回目のワクチンを接種している。これにより、国内で接種されたワクチンの総数は7866万5265回分に達した」としています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ