10月 23, 2021 20:06 Asia/Tokyo
  • イラン系企業のアプリ
    イラン系企業のアプリ

米企業が対イラン敵対行為を続ける中、バーチャル空間でのイラン企業の活動を制限しています。

アメリカが各種の対イラン制裁を行使する方向で、アメリカ系企業はこのほどイランの企業を攻撃の狙いとし、最近では国際ネットショップから利用者が多い一部イラン系企業のアプリを削除しています。

この数ヶ月間、中国の最大手スマホメーカーXiaomi(シャオミ)のスマホがアメリカの制裁対象となり、また同社の製品がイラン市場の38%を占めていることに注目し、アメリカ企業はイランのバーチャル空間の安全に打撃を与えようとしています。

クラウドサービス提供の禁止、RUBIKA,FILIMOなど利用者が非常に多いアプリのグーグルからの削除もまた、イラン企業に対するアメリカの敵対行為の一部です。

アメリカは、制裁をイランに対する圧力行使の道具として利用しています。

こうした中、国際人権団体ヒューマンライツ・ウォッチによりますと、多くの外資系企業や世界銀行は2019年以来、アメリカの制裁への恐れからイランとの医薬品の取引を停止しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ