10月 28, 2021 21:40 Asia/Tokyo
  • イランでのコロナワクチン
    イランでのコロナワクチン

イラン保健医療教育省は、 過去24時間にイラン国内で、あわせて100万人以上に対するコロナワクチンの接種が実施された、と発表しました。

イラン保健医療教育省は28日木曜、イラン国内でこの24時間中、新たにコロナ感染者159人が死亡し、これで、国内の累計コロナ死亡者数は12万5875人に達している、としました。

さら、「この期間中、全国で、1万1409人の新規感染者が確認され、これで、国内のコロナ感染者の数は、589万9509人に達し、このうち、これまでに、546万8620人が回復または入院先から退院している」としています。

また、過去24時間中、全国で107万8464人の市民がコロナ予防ワクチンを接種されたとし、「これまでに、全国で5205万9237人がワクチンの1回目の接種を、3246万8800人が2回目の接種を、そして8万343人が3回目の接種を受けている」と発表しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ