11月 20, 2021 15:53 Asia/Tokyo

イラン北西部アルダビール州ゲルミー郡にて、「赤い金」とも呼ばれるサフランの収穫が開始されています。

この地域でサフランが栽培されている主な理由としては、ここの気候風土がこの薬草の栽培に適していることがあげられます。

なお、統計によりますと、ゲルミー郡では今年、1ヘクタール当たり25キロのサフランの花が収穫されると推計されています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ