11月 20, 2021 16:12 Asia/Tokyo
  • 北東部・北ホラーサーン州の泥レンガの町ベルギース
    北東部・北ホラーサーン州の泥レンガの町ベルギース

イラン北東部・北ホラーサーン州エスフェラーイーン市内には、泥レンガの町として知られるベルギース旧跡があります。

ベルギースの町は、イラン国内最大の日干し煉瓦作りの町とされ、その総面積は180ヘクタール以上に及びます。

この歴史ある街には城砦のほか、その周辺の堀や塔、防塁、氷室、陶芸用の焼釜、市場、貯水池、隊商宿、大墓地などが存在します。

この町の城砦には、高さがおよそ11mある29本の塔が立っており、イラン国内最大の古代要塞の1つとされています。

文献史料によりますと、ベルギースの町はサーサーン朝時代の重要都市とされていた記録があり、また研究者らの間では、この城砦はイスラム暦31年にイスラム教徒により征服されたといわれています。

この町がアラブ民族に征服された際にベルギースと名づけられた理由は、ここには自然の美景が見られるからだったということです。

なお、サファヴィー朝時代およびナーデル・シャーの時代には、この城砦はアフガン人に攻撃され、破壊されました。

泥レンガの町ベルギースの一角

 

星明りに映えるベルギースの城砦
この町の総面積は180ha以上に及ぶ
この町にある城砦には29本の塔が立っており、国内最大の古代城砦とされる
泥レンガの古代遺産とされるベルギースの町
研究者によれば、この城砦はイスラム暦31年にイスラム教徒に征服された

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ