11月 23, 2021 21:56 Asia/Tokyo
  • ハーブティー用ハイビスカス
    ハーブティー用ハイビスカス

イラン南西部フーゼスターン州の茶畑で、ハーブティーの原料となるハイビスカスの摘み取り作業が開始されました。

実を包むガクやホウがハーブティーに利用されるハイビスカスの栽培は、毎年4月から開始され、11月の収穫期には手作業で摘み取られます。

ハイビスカスの作付けには、高温で乾燥した気候が適しています。

ハイビスカスティーは、インシュリンに類似した働きをする性質があり、糖尿病の治療に大きな効果を発揮します。

2013年に行われたある研究調査によりますと、このハーブティーの抽出液は糖尿病患者の体内に投与した結果、興味深いことにこれらの人々のグルコースの値が下がったということです。

ハイビスカスティーの摂取は、血中の悪玉コレステロールを減らすのにも役立つほか、このハーブティーには抗酸化物質が豊富に含まれており、体の新陳代謝と脂肪燃焼を促進します。

インシュリンに似た性質を持つハイビスカスティー
青空に映えるハイビスカス
子どもたちによる摘み取り作業
薬草としても知られるハイビスカスティー
フーゼスターン州カールーン郡での摘み取り
摘み取られたハイビスカスの実
現在でも丹念な手作業が実施
カールーン郡での茶摘みの様子
手作業による丹念な摘み取り作業
カールーン郡での摘み取り作業の様子
実の収穫に従事する女性たち
摘み取った実の風味を堪能
1つ1つ手で種わけ
収穫期間近のハイビスカスティー

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ