11月 28, 2021 01:58 Asia/Tokyo
  • エスラーミー・イラン原子力庁長官
    エスラーミー・イラン原子力庁長官

エスラーミー・イラン原子力庁長官が、「わが国はこれまで、核兵器獲得に努めたことはなく、現在もこれからもそれを目指さない。わが国の行動は、IAEA国際原子力機関の規約の枠組み内にある」と語りました。

エスラーミー長官は、イエメンのアルマシーラ・テレビとのインタビューで、「わが国の核施設に対してなされた全ての査察において、核計画における逸脱の痕跡は全く見られていない」と述べています。

また、核合意の関係相手側を批判し、「ほかの相手側は、核合意内にに明記されている責務を履行しなかった」としました。

さらに、「オーストリア・ウィーンにて近く予定されている協議は、あくまでも相手側の核合意復帰のためであり、核計画に関する話し合いではない」と語っています。

そして、「シオニスト政権イスラエルは、わが国の核施設に対する攻撃を示唆する以前に、己の身の程を知る方が得策である」と述べました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ