11月 28, 2021 21:19 Asia/Tokyo
  • イランでのワクチン
    イランでのワクチン

エイノッラーヒー・イラン保健医療教育大臣は、イラン総人口の85%に対し1回目のワクチン接種が実施されたと発表しました。

国際通信イランプレスによりますと、エイノッラーヒー大臣は、国内の一部州において、住民の92%が1回目のワクチンを、そして全国民の70%以上が2回目の接種、そしておよそ100万人が3回目の接種も受けている」と語りました。

また、コロナウイルスが今後もイラン国内や世界で存在し続けるだろうとし、「衛生プロトコルがこれまで通り順守されるべきだ」と述べ、「最近、発見されたオミクロン株は、ウイルス予防ワクチン接種というシステムを突破する可能性があるが、この変異株がイラン国内へ流入するのを阻止すべく全力を尽くしている」と強調しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ