12月 01, 2021 17:05 Asia/Tokyo

オーストリア・ウィーンで行われている協議の2日目において、各種制裁の解除を目的に様々なレベルや内容、枠組みでの協議が継続されました。

イルナー通信によりますと、イラン代表団の上級代表であるバーゲリーキャニー外務次官は30日火曜、エンリケ・モラ欧州対外行動庁事務次長と会談しました。

両者はこの協議において、前日の協議の結果を検討し、協議の継続方法に関して話し合いを行っています。

一方で、イラン外務省のメフディー・サファリー経済担当次官が、ECB欧州中央銀行理事会メンバーのホルツマン・オーストリア中央銀行総裁と会談しました。

この会談で、双方は各種の協力の経過を振り返るとともに、銀行・金融関係の拡大や強化の下地について検討しています。

これに先立ち、イランと5カ国グループおよびEUの代表者らの参加により、専門家レベルでの制裁解除作業部会の会合が開催されました。

この会合で、イラン側の協議団は自国の見解を説明し、交渉を進める方法に関して新たな提案を示すとともに、イラン国民に対する制裁を効果的に解除する必要性を強調し、他のメンバーが交渉に建設的に参加するよう呼びかけました。

さらに、他の国々の代表もまた、制裁解除の問題に取り組む準備と真剣さを表明ました。

イランと5カ国グループの間の新しい交渉ラウンドは、新たに再編されたイラン協議団が出席してウィーンにて昨日始まり、バーゲリーキャニー外務次官がイラン代表団の長を務めています。

この協議におけるイラン代表団の焦点は、抑圧的な制裁を解除することにあります。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ