12月 02, 2021 17:27 Asia/Tokyo

現在、イラン北部マーザンダラーン州ケラールダシュト平原にあるマーズィーチャール地区では、秋の美景が広がっています。

この地区には、連綿と続く雲海やカシノキ林やそのほかの樹木が構成する樹林、平野が広がっています。

マーズィーチャール地区は、テヘランからおよそ200キロの地点にあり、海抜高度は2600mとされています。毎年春と夏には、この区域は独自の草花や緑豊かな樹木、人工的な開発の及んでいない不思議な大自然にあふれます。また、秋には道行く人々の目の前に鮮やかな紅葉に包まれた美景が広がります。

マーズィーチャールは避暑地とされ、この地域のヒールカーニー樹林にはカシやカエデ、マツなどの針葉樹林が広がっています。

マーズィーチャール樹林

マーズィーチャールを構成する言葉は、カシを意味するマーズィーとアナを意味するチャールです。 .
ケラールダシュト平原はの海抜高度2600m
マーズィーチャール樹林の秋
 
マーズィーチャール樹林の秋の美景
マーズィーチャール樹林の秋

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ