12月 02, 2021 20:40 Asia/Tokyo
  • イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師
    イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師

イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師は、イラン国民に対するイラクの元サッダーム・フセイン政権の犯罪に触れ、「サッダームは世界で人権擁護を主張する国々の支援を得て、これらの犯罪に手を染めた」と述べました。

ハーメネイー師は、先月21日開催された、イラン南西部イーラーム州の3000人の殉教者を記念する会合の関係者らとの会談において、1987年2月23日、イランイラク戦争の中で、イラク戦闘機によるイランのサッカー試合会場への爆撃で、数人の選手やサポーターが殉教した事件に触れ、「芸術家や作家たちは、この事件の真実を世界に伝え、人権の擁護者の主張が偽りであることを暴露すべきである」と述べました。

最高指導者のこの会談での表明は、2日木曜朝、イーラーム州の3000人の殉教者を称える会合で公表されました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ