12月 02, 2021 22:04 Asia/Tokyo
  • イラン革命防衛隊司令官
    イラン革命防衛隊司令官

イランイスラム革命防衛隊ゴッツ部隊のガーアーニー司令官は、アメリカに対し、「機会がまだあるうちに、我々の周辺の地域から撤退した方が良い。そうしなければ、アフガニスタンより屈辱な撤退を迫られ、地域から逃げ出すことを余儀なくされるだろう」と語りました。

イルナー通信によりますと、ガーアーニー司令官は2日木曜、アメリカに語りかける形で、「あなた方は、自分の好きなように物事を行っていた時代がすでに過ぎ去っており、今や、何か打撃を与えたならば、それに対するもっとも厳しい報復を受けることもある状況にあるのを知るべきだ」と述べました。

さらに、「アメリカは20年間に渡り、アフガニスタンに駐留し戦ってきたが、一体どこに行き着いたか?彼らは、昨年味わったアフガニスタンでの敗北の中で、アメリカがどれほど大きな不祥事をしでかしたかに世界が気づかないよう、多くの副次的問題を提示した。アフガンでの敗北は米にとって、今世紀の最大の敗北だった」と語りました。

同司令官はまた、「アメリカはこれらの戦争から利益を得ている。彼らは、1ヶ月もたたずに終結した1990年のイラクによるクウェート侵略においてクウェートを防衛したことにより、いまだに両国から金銭を得ている。しかしその後のイラクやアフガニスタンにおいて、アメリカは自分からそれらの国に乗り込み、世界は一国主義であり自分たちがやりたいことを行う、としたが、そのような時代はもはや過ぎ去っていることに気づいていないのだろう」と指摘しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ