12月 04, 2021 15:16 Asia/Tokyo

シャーフザーデ庭園、別名シャーフザーデ・マーハーンは、イラン南東部のケルマーン市に程近いマーハーン市街地から2kmの距離にたたずむ、心を躍らせる庭園です。

シャーフザーデ庭園は、砂漠地帯の真ん中に位置する、さわやかな緑のあふれる庭園で、ケルマーン州の見所のひとつとなっています。この庭園は、ユネスコの世界遺産にイラン式庭園として登録された9つの庭園のうちのひとつであり、その歴史はガージャール朝時代にさかのぼることができます。

シャーフザーデ庭園に一歩足をふみいれれば、私たちはこの庭園がケルマーンの灼熱の荒野の中央に作られていることを忘れてしまいます。園内には、木々が天高く聳え立ち、水を豊かにたたえた貯水池から流れ出る水のせせらぎが聞かれ、池に繫がった水路はその端々にまで行き渡っています。

砂漠の中で庭園がこのように水と緑を湛えていることは、不可能で驚くべきことのように見えるかもしれません。しかしシャーフザーデ庭園は、カナートと周辺の山々から流れる小川を通じて水を得ているのです。

庭園内にはまた、ガージャール朝に建設された美しい建物も残されています。

緑豊かなシャーフザーデ庭園
園内の建物と貯水池
園内には水が豊富に流れている
園内にある噴水
まっすぐに伸びた水路
庭園の名が記された入口
美しい窓の装飾
観光客も多く訪れる
園内の建物はガージャール朝期に建てられた
ライトアップされたシャーフザーデ庭園

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ