12月 04, 2021 16:24 Asia/Tokyo
  • イラン国旗
    イラン国旗

平和活動家らが、国連事務総長や核合意参加各国首脳に宛てた声明を集団で発表し、アメリカの核合意無条件復帰、全ての対イラン制裁の解除、戦争を示唆する脅迫の停止を要求しました。

イルナー通信によりますと、核合意復活をめぐるオーストリア・ウィーンでの協議が始まってから行われたイギリス、フランス、ドイツ、中国、ロシアの各国外交官とイラン協議団との会談と同時に発表されたこの声明では、「2018年には、イランが完全に合意内責務を遵守していると検証されていたにもかかわらず、米国がイスラエルからの圧力のもとに核合意から離脱した」とされました。

また、イラン核計画が平和的であることは証明されており、その本質が平和的でないことを示すような信頼にたる根拠は何ら示されていないことを強調し、アメリカおよび同国と同盟する欧州諸国により実施されている対イラン経済制裁を、イラン国民に対する違法で犯罪まがいの好戦的措置だと名言しました。

続けて、「イランとその国民は、イスラエルおよび米国により常に、国連憲章に違反するかたちでテロの標的とされ、軍事攻撃の脅しを受けている」と指摘しました。

そのうえで、国連事務総長や EU欧州対外行動局上級代表、核合意参加各国首脳に対して、アメリカの核合意無条件復帰、全ての制裁の解除、戦争を示唆する脅迫の停止を求めました。

そして、国際社会がシオニスト政権イスラエルに対してNPT核拡散防止条約の批准を迫り、同政権の核兵器所有を防ぐことを求めました。

この声明を提唱・起草した米活動家団体「International Action Center」と国際平和団体「United National Antiwar Coalition」は、今回のキャンペーンに賛同する人々に向けて、https://solidaritycenter.ourpowerbase.net/civicrm/petition/sign?sid=۲۶とhttps://unac.notowar.net/urgent-call-for-lifting-sanctions-on-iran/の2つのサイトを通じて署名し、イランへの連帯を示すよう呼びかけています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ