12月 04, 2021 20:50 Asia/Tokyo
  • イランのライースィー大統領
    イランのライースィー大統領

イランのライースィー大統領が、「わが国は、人道的観点から、国内にいる全ての外国人に向けたワクチン接種を開始している」と強調しました。

ライースィー大統領は4日土曜、新型コロナウイルス国家対策本部会議において、「わが国では当初から、人道的観点から国内にいる全ての外国人に向けたワクチン接種を開始しており、この措置に真剣に取り組み続けるだろう」と述べました。

続けて、「欧州の一部の国では、最近になってこのような考えに思い到っている」としました。

そして、「国内のワクチン生産数が増加し、またワクチン輸入数も増えたことで、3回目接種を行ったとしても、国内でワクチンの不足に陥ることはない」と説明しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ