1月 04, 2022 16:16 Asia/Tokyo

イラン北西部の東アーザルバーイジャーン州タブリーズ市にあるキャブード・モスクは、西暦14~15世紀に建設されたほかに例のないモスクです。

キャブード・モスクは、タブリーズ市内でも最も歴史ある旧市街のひとつに位置し、その建設はトルコ系のカラコユンル朝(黒羊朝)時代にさかのぼります。建物の細部や内部装飾をつぶさに見ていくと、古のタブリーズに根付いていたイスラムの文明・歴史や特徴の一部を目にすることができます。

このモスクは、青いタイルで装飾が施された世界の4つのモスクのひとつに数えられます。その名前にある「キャブード」は紺青という意味を持ち、この色が建物に用いられている主要な色彩の1つであったことから、このように命名されました。

キャブード・モスク
その歴史は西暦14~15世紀にさかのぼる
内部の様子

 

敷地内に連なるアーチ
モスク内部の青を基調としたタイル装飾
外から見たモスク
キャブード・モスクは、カラコユンル朝のスルタン・ジャハーンシャーによって建設された
アーチ上部の装飾
建物の一角にある展示コーナー
青空を背景に立つモスク

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ