1月 18, 2022 17:39 Asia/Tokyo
  • クルドの手縫い靴・ケラーシュ
    クルドの手縫い靴・ケラーシュ

手つかずの自然が残るイラン西部のコルデスターン州では、料理の数々、衣服、そして人々もその自然の影響を受けています。

クルドの人々は数百年にわたって地元特有のギーヴェやケラーシュ(伝統工法による手縫いの靴)を天然繊維で縫い、履いています。ケラーシュは、クルドの男性の民族衣装の美しさを何倍にも高める履物です。クルド服を身にまとう男性は必ずこの履物を利用します。

この種の靴に左右の区別はありません。多くの色は白、青、赤ですが、客が望めば好きな色で作ることもできます。

ケラーシュには女性用もあります。

イラン西部コルデスターン州マリーヴァーンのケラーシュは世界遺産に登録されることになっています。

マリーヴァーンはケラーシュづくりの中心地
ケラーシュを売る店
ケラーシュづくりの様子
ケラーシュの靴底
ケラーシュの縫い糸
ケラーシュ専門店の店内
ケラーシュ職人
完成したケラーシュ
完成したケラーシュ
ケラーシュ職人
ケラーシュの靴底

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ