1月 20, 2022 17:04 Asia/Tokyo
  • イラン・ロシア・中国による海上合同軍事演習
    イラン・ロシア・中国による海上合同軍事演習

イラン、ロシア、中国の参加により、明日21日金曜から北インド洋にて、「2022海洋安全保障ベルト」と称した海上合同軍事演習が開始されます。

国際通信イランプレスによりますと、2022年の海洋安全保障ベルト合同演習のスポークスマンであるイランのタージョッディーニー第二海将は、ロシア第二海将との共同記者会見で、この演習について「今回はイラン、中国、ロシアの参加により開催される3回目の合同演習であり、今後も継続されるだろう」と語りました。

また、「イラン海軍とイスラム革命防衛隊海軍の海上部隊および航空部隊に加えて、中国とロシアの艦隊もこの演習に参加する予定だ」と述べています。

さらに、「この演習は平和と友好のメッセージとともに、1万7000平方キロメートルの海域にて『平和と安全のために一緒に』というスローガンの下で開催されることになっている」としました。

そして、「この演習の目的は、地域の安全保障とその基盤の強化、三国間の協力拡大、そして世界平和、海上安全保障への共同支援に向けたイラン、ロシア、中国の善意の表明、そして共通の未来ある海上コミュニティの創設である」と語っています。

タージョッディーン海将によりますと、「この演習では、火災からの艦船の救出、シージャックされた船舶の解放、特定の標的への襲撃、夜間における空中の標的の攻撃、その他の戦術的・運用上の演習を含む、さまざまな戦術の演習が想定されている」と述べました。

最後に、「この演習の目的には、国際海上貿易の安全の強化、海賊および海上テロへの対策、海上救助の分野での情報交換、および運用・戦術上の経験の交換が含まれる」と結んでいます。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ