1月 22, 2022 19:42 Asia/Tokyo

アミールアブドッラーヒヤーン・イラン外相が、訪問先のロシア・モスクワで、同国のラブロフ外相と会談したことにふれ、「両国の関係の新たな時代において、優れた協力が実現するだろう」としました。

最近のライースィー・イラン大統領のロシア訪問に随行していたアミールアブドッラーヒヤーン外相は、ラブロフ・ロシア外相と20日木曜に会談を行いました。

そしてこの会談に関するツイートの中で、「ラブロフ外相と一連の重要な協議を行った。この協議の議題は、イランでの新たな原発の建設の加速化から、最近の両国首脳の合意に基づく全面的な協力の拡大、両国民に関する領事上の問題までにわたるものだった」と述べました。

ライースィー大統領は、ロシアのプーチン大統領の正式招待により、高等使節団を率い、19日水曜にモスクワを訪問し、21日金曜、この訪問を終え帰国しました。

ライースィー大統領の今回のロシア訪問は、就任後初めてのことです。

ライースィー大統領はこの数ヶ月間で数回にわたり、プーチン大統領と電話会談を行っていました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ