1月 23, 2022 16:03 Asia/Tokyo
  • ライースィー・イラン大統領とエルドアン・トルコ大統領(アーカイブ写真)
    ライースィー・イラン大統領とエルドアン・トルコ大統領(アーカイブ写真)

ライースィー・イラン大統領が、エルドアン・トルコ大統領との電話会談で、「地域で安定と安全を確立させる唯一の道として、各国の領土保全と国家主権の尊重が必須である」と強調しました。

ライースィー大統領は22日土曜夜、この電話会談でさらに、「わが国は、トルコとの関係や協力に対し長期的で全面的な視点を有している」と述べています。

一方、エルドアン大統領も、近いうちにイランを訪問したいと考えている旨を示しました。

また、トルコのエネルギー需要がイランにより恒常的に確保されていることを強調し、「わが国は、イランを信用に値するエネルギー供給源だと考えており、対イラン協力レベルの向上を追求している」と述べています。

さらに、ライースィー大統領の最近のロシア・モスクワ訪問および、プーチン・ロシア大統領との会談に触れ、「近く今回の訪ロの成果が各地で表面に現れるよう希望する」としました。

そして最後に、地域の安全保障確保に向けたトルコとイランの同調を強調しています。

 

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ