4月 23, 2022 16:55 Asia/Tokyo

2022年AFCサッカーアジア・チャンピオンズリーグ第5節が行われ、イランのフーラード・フーゼターンFCが、カタールのアル・ガラファに勝利し、16強による決勝トーナメント(ラウンド16)への進出を決めました。

イルナー通信によりますと、アジア西地区1次リーグ第5節となるこの試合は、サウジアラビアにて23日土曜朝に行われ、フーラードは1対0でアルガラファを下し、3連勝となっています。

この試合では、日本人が審判を務めていました。

フーラードは、現時点で総合11ポイントでCグループの首位に立っており、早くも決勝トーナメントへの進出を決めました。一方、フーラードに敗れたアルガラファは進出を逃しました。

フーラードは1次リーグの最後の試合で27日水曜、アラブ首長国連邦のシャバブ・アル・アハリ・ドバイFCと対戦することになっていますが、仮にこの試合で敗れても、西地区の5つの各グループの2位チームの中の上位3チームのひとつとして決勝トーナメントに進出することになります。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ