4月 28, 2022 20:27 Asia/Tokyo
  • イランは核兵器製造の措置を取っていない
    イランは核兵器製造の措置を取っていない

アメリカ国務省が最新の報告において、イランが核兵器を開発するためのいかなる措置も講じていないことを改めて認めました。

国務省の報告では、「本省は依然と同様に、イランが現時点で、核兵器開発に向けたいかなる決定的な活動も行っていないと判断している」とされています。

報告はまた、これまでの主張を繰り返して、「IAEA国際原子力機関の報告に基づき米国がまとめた結論は、イランが報告期間の終了までに通達していない核活動や核物質に関して、深刻な懸念があるというものだ」としました。 

さらに、「イランがIAEA保障措置の査察に完全に協力していないことは、イランがNPT核不拡散条約の責務を順守しているかについて深い憂慮を抱かせる」と続けました。

アメリカを筆頭とする西側諸国およびシオニスト政権イスラエルは近年、イランを核計画で軍事的目標を追求しているとして非難しています。しかしイランは、これらの主張を強く否定しています。

イランは、NPTの署名国、さらにIAEAの加盟国として、平和目的の核技術を獲得する権利を持つことを強調しています。

これに加え、IAEAの査察官が、イランの核施設を幾度となく視察する中でその平和的な核計画が軍事目的の方向に逸脱している証拠を発見したことは、これまでに一度もありませんでした。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ