May 17, 2022 16:29 Asia/Tokyo
  • イラン外務省のハティーブザーデ報道官
    イラン外務省のハティーブザーデ報道官

イラン外務省のハティーブザーデ報道官が、イランの一部都市での人々の要求に関して米国務省のプライス報道官が示した干渉的な姿勢に反応しました。

ハティーブザーデ報道官は、イランのこの数日の動向に対するプライス報道官のツイートに関しての質問に答え、「米政府のこのような過剰な喜びようは、イラン政府が行っていること、つまり、イラン経済の保護や公平化が彼らにとって懸念であることの表れだ」と指摘しました。

続けて、制裁の効果をなくすためにイラン政府が取っている方針は、ドルからの経済分離および確実な経済保護であるとして、「イラン国民は最大の圧力を打ち砕いた」と述べました。

そして、「米国は、常に自らが恥をかく結果になるような他国への内政干渉の代わりに、諸国の主権を尊重した方がいい」としました。

米国務省のプライス報道官は、イランの人々の要求をめぐりツイッターに内政干渉的な投稿をし、「勇敢なイランの人々は、自身の権利を守ろうと立ちはだかっている。彼らには政府に責任を問う権利がある。米国は暴力や報復を恐れることなく、インターネット上およびその外の両方において、平和的デモや言論の自由という彼らの権利を支持していく」としていました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


タグ