May 20, 2022 03:16 Asia/Tokyo

イラン南部・ホルムズ島とラーラク島は、ペルシャ湾のホルムズ海峡上にあります。

かつてホルムズ島は、モンゴル支配時代に貿易が盛んでした。西暦1300年のモンゴル民族の侵略とともに、ホルムズ島民は最初にゲシュム島、その後、当時、ポルトガル語でガムバルーンと言われていたバンダレ・アッバースに移住しました。

ホルムズ島の観光スポットとしては、虹色の谷、彫像の谷、ポルトガルの城塞跡、塩の女神の洞窟などがあげられます。

ラーラク島は、ペルシャ湾に浮かぶイランの最南端の領土であることから、高い戦略的重要性があります。

ホルムズ島
ホルムズ島
ホルムズ島
ホルムズ島
ホルムズ島
ホルムズ島
ホルムズ島
ペルシャ湾の浅瀬での子供たちの遊び
ホルムズ島
ホルムズ島土着民の事業

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ