May 23, 2022 19:33 Asia/Tokyo
  • イラン軍のシェカールチー報道官
    イラン軍のシェカールチー報道官

イラン軍のシェカールチー報道官は、「アメリカとシオニスト政権イスラエルは、世界でテロ活動を実施する中心地である」としました。

ファールス通信によりますと、シェカールチー報道官は23日月曜、テヘランで、イランはテロの犠牲国であり、およそ1万7000人のイラン人がテロ攻撃で死亡しているとし、「人権に関するアメリカとその同盟国の主張は、偽りである」と語りました。

また、22日日曜にテヘランで発生した革命防衛隊の上官の暗殺事件に触れ、「イスラム革命の敵たちは、困惑し、袋小路に陥った時は常にテロ行為に訴える」とし、「テロは、敵にとっての成功ではなく、ひとつの失敗である」と述べました。

22日日曜、テヘラン南東部にて革命防衛隊のサイヤード・ホダーイー将軍が、世界的覇権主義者とつながりのある因子および、反イラン革命派のテロリストの攻撃を受けました。

ホダーイー将軍は、自宅前に止めた自家用車にいたところ、身体に5発の銃弾を受け、殉教しました。

同将軍はこの数年間、シリアで同国の軍隊や義勇軍に対し、テロ対策についてアドバイスを提供していました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ