May 24, 2022 01:04 Asia/Tokyo

イラン南西部フーゼスターン州の救命救急当局が、同州アーバーダーン市内での建物崩壊で、少なくとも80人が瓦礫の下に生き埋めとなっているとしました。

国際通信イランプレスによりますと、フーゼスターン州アーバーダーン市内で23日月曜正午、10階建てのメトロポール・ショッピングセンタービルが崩壊し、多数が瓦礫の下に生き埋めとなりました。

地元当局は、「瓦礫の下から犠牲者1名の遺体が発見されたことから、これまでにこの事件での死亡者数は4名、負傷者は55名に増えた」としています。

なお、36人が医療機関に搬送されました。

フーゼスターン州赤新月社のシャアバーニー社長は「今回崩壊したメトロポールビルに隣接した建物も、構造上不安定であることから崩壊する可能性があり、救出作戦は非常に難航している」と述べています。

イラン南西部での建物崩壊
イラン南西部での建物崩壊
イラン南西部での建物崩壊

 

タグ