May 25, 2022 14:34 Asia/Tokyo

テヘランで暗殺され、殉教したイランイスラム革命防衛隊のサイヤード・ホダーイー将軍の葬儀が実施されました。

サイヤード・ホダーイー将軍が22日日曜、テヘラン南東部にて、世界的覇権主義者とつながりのある反イラン革命派のテロリストの攻撃を受け、殉教しました。

ホダーイー将軍は、自宅前に止めた自家用車にいたところ、身体に5発の銃弾を受け、殉教しました。

同将軍はこの数年間、シリアで同国の軍隊や義勇軍に対し、テロ対策についてアドバイスを提供していました。

IRIB通信によりますと、ホダーイー将軍の葬儀は24日火曜、テヘランで開催され、亡骸は埋葬のためテヘラン市南部のベヘシュテサハラー墓地に運ばれました。

革命防衛隊のサラーミー総司令官はこの儀式において、殉教者ホダーイー氏の血は無駄にはならず、必ずこれに対する仇討ちがなされるだろう、としました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


タグ