May 27, 2022 02:11 Asia/Tokyo
  • シーア派6代目イマーム・サーデグの殉教記念日
    シーア派6代目イマーム・サーデグの殉教記念日

シーア派6代目イマーム・サーデグの殉教記念日に、イラン国民が一斉に喪に服しています。

27日金曜は、イスラム暦1443年シャッワール月25日にあたり、シーア派6代目イマーム・サーデグの殉教記念日です。

イラン国民はこの日、宗教施設などに足を運びシーア派の偉人を追悼する儀式に参加します。

イラン北東部の聖地マシュハドにあるシーア派8代目イマーム・レザーの霊廟はこの日、黒い喪服に身を包んだ巡礼者であふれかえっています。

イマーム・サーデグはその実り多い生涯を通して、宗教関係の学問を教える場を設け、シーア派・スンニー派を問わず全てのイスラム教徒らの疑問に答え、論理や論証を持って全てのイスラム教徒にシーア派という宗派の権威を証明することに成功しました。

イマーム・サーデグの言動は大きな影響力を及ぼし、スンニー派の一派ハナフィー派やシャーフェイー派の偉人たちまでも、多くがイマーム・サーデグの下で学び、宗教学の研鑽を積むこととなりました。

 

ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem

 

タグ