6月 30, 2022 21:29 Asia/Tokyo
  • 東京都の新型コロナ
    東京都の新型コロナ

東京都が、新型コロナウイルスの感染状況の警戒度を上から2番目に引き上げました。

FNNプライムオンラインなど、日本の報道各社によりますと、東京都内の新型コロナウイルスの感染状況について、都の専門家は30日木曜、「感染が再拡大している」と指摘し、警戒レベルを上から2番目へと1段引き上げました。

東京では先週の19日から感染者数が増加傾向に転じており、29日水曜には先月26日以来の3000人超となる3803人の新規感染者が確認されました。

また29日の東京都の病床使用率は11.9%(855人)で、同日はさらにコロナ感染により都内で3人が死亡しています。

国立国際医療研究センターの大曲貴夫国際感染症センター長は、感染再拡大の要因として、記録的な猛暑や人手の増加、ワクチン接種からの時間の経過による免疫の低下、変異ウイルスをあげています。

大曲センター長は、前の週と比較した新規陽性者の7日間平均が、2週連続で増加し、増加比も高くなっているとして「今後、急速なスピードで拡大する可能性は十分ある」と指摘し、警戒を呼びかけています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ