8月 03, 2022 20:58 Asia/Tokyo
  • 防衛概算要求の骨子が判明
    防衛概算要求の骨子が判明

防衛省の来年度の予算概算要求の骨子が明らかになりました。敵の射程圏外から攻撃する「スタンドオフ防衛能力」や、宇宙・サイバー空間での防衛能力向上などが盛り込まれています。

産経新聞によりますと、今回の概算要求には、スタンドオフ防衛能力のほかに、無人機や宇宙・サイバー空間での能力強化、機動展開能力、防衛産業・技術・人的基盤の強化なども盛り込まれています。

政府は、島しょ部防衛を想定したスタンドオフ防衛能力として、12式地対艦誘導弾の改良などに取り組んでいます。

防衛省は8月末までに概算要求をまとめる方針です。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ