8月 06, 2022 15:54 Asia/Tokyo

岸田文雄首相が、訪日したナンシー・ペロシー米下院議長と会談しました。

日本の報道各社によりますと、岸田文雄首相は5日金曜、首相公邸で開いた朝食会でペロシ米下院議長と1時間ほど面会し、中国が今月4日に始めた台湾周辺での軍事演習を巡り「日本の安全保障や国民の安全に関わる重大な問題だ」とペロシ氏に伝達しました。

両者はまた、台湾海峡の平和と安定の維持に向けた日米の協力継続を確認したほか、中国に加え、北朝鮮やロシアによるウクライナ特殊軍事作戦などの地域情勢、核兵器のない世界への取り組みを含む国際情勢についても意見交換しています。

しかし、中国は台湾をめぐる日米のこうした動きに対し、台湾を自国の不可分の領土とみなし、「1つの中国」政策を徹底させようとしています。

この方向性で、この数日は特にペロシ氏の台湾訪問への反発を示す形で、中国軍が台湾周辺で軍事演習を行っています。

さらに、カンボジアでの東アジアサミットでは、林外相の演説中に王毅外相が途中退席したほか、同国で予定されていた日中外相会談を急遽取りやめなど、中国は台湾をめぐる日本の行動に強い不満を示しています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ