8月 11, 2022 14:08 Asia/Tokyo
  • 北九州「旦過市場」現在も鎮火
    北九州「旦過市場」現在も鎮火

福岡・北九州市の旦過(たんが)市場で、去る4月に続いて火災が再発し、半日以上が経過した現在もまだ燃え続けています。

日本の報道各社によりますと、日本時間の10日水曜午後9時ごろ、北九州市小倉北区の旦過市場内の飲食店から、「天ぷら油に火が入った」と、消防に通報がありました。

これを受けて消防車など41台が駆けつけ、消火にあたっていますが、映画館や飲食店など複数の店舗に延焼し、これまでのところ、およそ2,000平方メートルを焼く大規模火災となっています。

警察と消防の話では、周辺住民が近くの3つの市民センターに一時避難したものの、負傷者の情報は入っていないということです。

この市場では2022年4月にもほぼ同じ規模の火災が発生し、近くがれき撤去を完了する予定だっただけに、失望感が広がっています。

去る4月の火災では、木造密集地で火の回りが早く42店舗が焼失しました。

復旧が進められる中で起きた今回は、1939年創業の映画館「小倉昭和館」など前回被害を免れた建物や区画にも延焼しています。

消火活動は現在も続いており、出火から半日以上が経過しましたが、11日午前11時半現在も鎮火に至っていないということです。

旦過市場はJR小倉駅から南西約600メートルにあり、「北九州の台所」として親しまれてきました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ