8月 13, 2022 14:45 Asia/Tokyo
  • 台風8号
    台風8号

台風8号(メアリー)が日本の東海地方の沖合を北上しており、気象庁が注意を呼びかけています。

日本の報道各社が気象庁の発表として報じたところによりますと、台風8号は日本時間の13日土曜正午には、静岡県御前崎の南西約60キロ沖の海上を時速約20キロで北北東に進んでいます。

中心の気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、このあと台風は東海道沖を北東に進み、13日昼過ぎから夕方にかけて上陸する見込みです。

また中心の東側から南側に活発な雨雲を伴っていて、関東でも局地的に雨が強まってきています。

今月11日午前10時の降り始めから13日午前11時までの降水量は、静岡市鍵穴で315・0ミリ、伊豆市天城山で294・5ミリを観測しており、特に静岡県では、降り始めからの降水量が8月の月降水量の平均値を超える大雨となっている地域もあります。

なお、14日日曜午前6時までに予想される24時間雨量は、東海地方で300ミリ、関東甲信地方で250ミリ、東北地方・伊豆諸島で120ミリとされています。

このため、気象庁は東海で線状降水帯が発生して災害の危険度が急に高まる可能性もあるとし、台風の進路となる各地に警戒を呼びかけています。

しかも、大雨のあとの川の水位はすぐには下がらず、また増水した川は普段より流れが早く危険であることから近づかないよう、また、沿岸部では波の高い状態が続く予想され、お盆休み期間中ということもあり、山や海のレジャーに関しては安全第一に行動するよう勧告しています。

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

ちなみに、台風8号の名前「メアリー(Meari)」は北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が提案した名称で、やまびこという意味の言葉から名付けられています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ