8月 17, 2022 15:05 Asia/Tokyo

「村山談話を継承し発展させる会」の藤田高景理事長は、第二次世界大戦中に日本が中国から略奪した文化財の返還を進めるべきとの考えを示しました。

第二次世界大戦中、中国を侵略した日本軍は、現地の文化財を多数略奪しました。そのうちの多くは、未だに中国に返還されていません。

「中国文化財返還運動を進める会」の代表も務める藤田氏は、日中国交正常化50年の節目である今年、中国への文化財返還を進める必要性を語りました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ