9月 22, 2022 01:28 Asia/Tokyo

松野官房長官は、日本国内の新型コロナウイルス終息宣言について、「現時点では考えていない」と述べました。

松野官房長官は21日水曜の記者会見で、今後の感染拡大やウイルス変異の可能性に留意しながら、コロナとの共存を前提とした感染対策のあり方について検討していくと述べました。

コロナ終息の扱いについては、バイデン米大統領が18日に放送されたインタビューで、新型コロナウイルスのパンデミックは「終わった」との見解を示しています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram     Twitter     Youtube     urmediem


 

タグ