9月 25, 2022 17:11 Asia/Tokyo

有名なボクサーのフロイド・メイウェザーが、「25日日曜のエキシビションサールドツアーは誰かがやめさせるまで無制限でやってもよい」と語りました。

格闘技興行「超(スーパー)RIZIN」(25日、さいたまスーパーアリーナ)のメインイベントで、ボクシングルールのエキシビションマッチに出場するプロボクシング元世界5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(45)=米国は、24日土曜、東京・目黒区のホテル雅叙園東京で会見し「すぐに終わらせるか、3ラウンドフルに闘うかは気分次第」と自信満々に語りました。

また、「フロイド・メイウェザーとびびっているという言葉を一緒に使ってはいけない。びびっているのはお前(朝倉)だ。俺がびびっていると思うのであれば、明日の試合はラウンド無制限でやってもいい。誰かが止めるまで」と断言しています。

メイウェザーは25日日曜、上記の試合で日本の総合格闘家・朝倉未来(トライフォース赤坂)と対戦します。

なお、対戦相手の朝倉未来は前日の記者会見でメディアに対し、「メイウェザーは恐れをなしているがために、この試合のために多くのルールを設定した」と語っていました。

 

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram     Twitter     Youtube     urmediem


 

タグ