3月 29, 2017 21:09 Asia/Tokyo
  • 日本人女性の間でイスラム的装いへの支持が増加           

日本で、イスラム的装いへの支持が高まっています。             

IRIB通信によりますと、日本で露出度の低い服装が好まれているため、イスラム的な服装を扱う多くの企業が日本の市場への進出を競っています。

 

日本でのハラール産業の成功と、2020年の東京オリンピックの開催により、衣料メーカーが日本に注目しています。

日本のムスリム流行協会の責任者は、「露出の少なさは日本人の文化の一部であり、着物は身体の大部分を覆い隠すイスラム教徒の服装によく似ている」と語りました。

 

日本のイスラム研究者も、「日本人女性の多くは露出度の高い服装を好まない。日本の企業の多くも、宣伝の際にそのようなキャッチフレーズを使っている」と述べています。

タグ