8月 14, 2018 17:29 Asia/Tokyo
  • 1960年の浅沼稲次郎暗殺事件の瞬間の写真
    1960年の浅沼稲次郎暗殺事件の瞬間の写真

1960年10月12日に、浅沼稲次郎社会党委員長が日比谷公会堂で演説中に暗殺された際の瞬間を捉えた写真が、プレスTVの「Pictures that shake the world」の新たな特集番組の制作が継続される中で批評、検討されます。

プレスTVの渉外・広報担当部の報告によりますと、当時日本社会党委員長だった浅沼稲次郎氏が日比谷公会堂での演説中に、17歳の右翼少年・山口二矢により小刀で殺害された際の写真が映し出されているということです。

近く・解散総選挙を控えていたさなかに発生したこの事件の衝撃的な瞬間は、毎日新聞社の長尾靖カメラマンにより撮影され。その写真はUPI通信社を通じて世界各国に配信され、日本人初のピューリッツァー賞を受賞しています。

プレスTVの番組では、この写真をめぐる討論や検討がなされるとともに、この写真とともに行われた対話も放送される見込みです。

タグ