7月 16, 2019 03:08 Asia/Tokyo
  • ムンジェイン大統領
    ムンジェイン大統領

韓国のムンジェイン大統領が、「わが国が北朝鮮にフッ化水素を横流ししていたとする日本側の疑惑提示は、地域における平和維持に向けた努力に反する」と語りました。

ロイター通信によりますと、ムンジェイン大統領は15日月曜、「このような疑惑を提起することは、制裁や輸出管理という国際的な方策に従い、制裁という枠組みでの平和の確立や南北朝鮮関係の拡大に向けて最大限に努力している韓国政府への重大な挑戦だ」と述べています。

また、日本政府に対し、「日韓両国が、国際機関が行う調査によってこの対立に終止符を打ち、対話によって問題を解決するよう求める」としました。

さらに、「韓国企業が日本への依存から脱却しようとしていることから、韓国に対する輸出規制の実施は、結果的に日本経済に打撃を与えることになる」と語っています。

日本は、韓国の輸出管理に不適切な事案があったとして、半導体材料の韓国向け輸出規制を強化しました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント